最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    編集する

    学校選びは重要

    写真家やデザイナーと言うのは、感性がとても必要な職業であると言えます。普通の感性ではなかなか通用する世界ではな...

    Readmore
    椅子に座る

    方向性を決める

    デザイン系の専門学校で写真を専攻する場合、なりたい分野のコースを決める場合があります。ファッションの分野か、ア...

    Readmore

モデルをする

現代を代表する芸術表現と言えば写真アートが有名です。
リアリズムと芸術性の狭間に立った写真は、私達に現実を超えた何かを突き付けてくれます。
それだけでなく写真の世界は日常の情報だけでは伝えきれない「リアル」を私達に伝える役割も果たしています。
報道写真が大衆に与えるインパクトは大きく、日常的な大衆意識まで左右していると言われています。
現代人の生活と写真は切っても切り離せないものなのです。
こうしたカメラマンの仕事に似ている仕事と言えば、デザイナーがあります。
デザイナーもまた日常と非日常の狭間に立った芸術家の一人です。
服や日用雑貨と言う身の回りに溢れた商品を作り上げる上で腕を振るってくれます。
デザイナーに求められるのは使いやすい実用性や機能性を追求する能力と、それを超えて心に響く芸術性を表現する能力なのです。
日常的なリアリズムと、芸術的オリジナリティが要求される仕事です。
カメラマンもデザイナーも現在多くの若者にとって憧れの職業です。
一方、こうした仕事でプロとして働くには幅広い知識と技術を身に付ける必要があります。
従ってカメラやデザインのプロになるには専門学校に通う必要があるのです。
写真の専門学校は日本各地に存在しています。
種類は多様であり、写真だけの専門学校もあれば、アート関係の専門学校の中に写真に関わる科がある学校もあります。
デザイナーの場合はもっと多様です。
そもそもデザインの仕事自体が多様であり、服飾からアニメキャラクター、インダストリアルまで幅広いのです。
それによって自分がどんな専門学校に通いたいのかも変わります。
一方、どんなデザインの仕事であっても、デザイナーを目指す若者達は常に一定の人数に恵まれています。
従ってWebデザイナーから家具デザイナーまでそれぞれのデザイナーを育てる専門学校が存在しているのは恵まれていると言えるでしょう。
場合によっては専門学校だけでなく、大学にもデザインを学べる学科が存在している場所もあります。

オススメリンク

椅子に座る

方向性を決める

デザイン系の専門学校で写真を専攻する場合、なりたい分野のコースを決める場合があります。
ファッションの分野か、アート系でアーティストを目指すのか、フォトジャーナリストになるのか、コマーシャル分野で働くのかなどの方向性を決めることになります。
グラフィックデザイナーと同じ仕事をする写真家、…Read more

関連リンク